不動産鑑定士の基礎知識

不動産関係の専門資格のうち、ここ数年でますます注目度を高めているのが不動産鑑定士です。不動産鑑定士というと、ただ単に不動産の価値を事務的に測定し、評価するだけの職業のように思われるかもしれません。ただ、不動産鑑定士の職域は意外と幅広く、メインの業務である不動産価値の鑑定や評価はもちろんのこと、土地や不動産の売買における節税対策まで多様なニーズに対応し、不動産にまつわるあらゆるお悩みに対応しています。

また、いつの時代も不動産鑑定士は稼げる職業として認識されています。実際、不動産鑑定士はキャリア次第では一定以上の高収入が得られる職種であり、ニーズも長期的に安定しているため、若いうちからこつこつと経験を積んでいれば60代以降まで現役で仕事をつづけられる、という強みがあります。また、社会人にも門戸を広くとっているため、まったく別の職種から転職してきたとしても比較的すぐに仕事のコツを覚えることができ、安定した収入につなげることができます。

不動産鑑定士は、これから住まいを購入したり、リフォームしたりしようと検討している方々にとって貴重な相談窓口となっており、実際の相談件数も安定して上昇傾向にあります。

このサイトでは、不動産鑑定士という職種の守備範囲や平均年収、資格の取得方法について一般の方向けに詳しく解説していきますので、不動産鑑定士という職業そのものに関心がある方も、近いうちに住まいの売買を検討なさっている方もぜひとも参考になさってください。

不動産鑑定士の世界を知ろう

ここ数年、ますます需要と信頼度を高めつつある不動産鑑定士。不動産を鑑定するとは一体、どのような意味なのでしょうか。ここでは、不動産鑑定士という職種の主な業務内容と求められるスキル、社会的必要性について具体的に見ていきますので、不動産鑑定士を目指している方はぜひとも参考になさってください。

不動産鑑定士の収入事情

不動産鑑定士は国によって定められた国家資格であり、平均的な年収も鷹合水準でキープされています。一般的にも高収入で知られる不動産鑑定士ですが、具体的にはどの程度まで稼げるのでしょうか。不動産鑑定士としてより高い収入を得るためのポイントについて見ていきましょう。

不動産鑑定士のスキルとは?

不動産鑑定士の仕事は、土地や不動産の価値を評価し、査定するだけではありません。不動産鑑定士はまさに住まいの総合アドバイザーであり、不動産売買のシチュエーションばかりでなく、より包括的なアドバイスが求められる専門職です。不動産鑑定士が頼りになる場面について見ていきましょう。